どうも、サボリーマンことサボスロです!

最近は剛衛門を打つ機会が増えたので剛衛門についてもう一度おさらいをしてみようと思います。

何で剛衛門を打つ機会が増えたのかと言うと、稼働自体は盗目狙いがメインですが自分のボーダーは盗目30回過ぎから全然狙っていくんですよね。

ホールには盗目30回なんてゴロゴロ落ちてますので拾う機会が多いんです。

そして、剛衛門を何度も打った感触としては盗目の回数はとても大切なんですが、もっと大事なのは賽」なんです。

あくまで自分の打った実績と感じた事なので、ホールで実践される場合は自己責任でお願いしますね。

天井期待値

ART間
盗目 期待値
0回~ -848円
10回~ -276円
20回~ +474円
30回~ +1454円
40回~ +2738円
50回~ +4419円
60回~ +6619円
70回~ +9499円
80回~ +13084円
90回~ +17283円
期待値0円ボーダー 盗目14回~
時給1000円ボーダー 盗目26回~
時給2000円ボーダー 盗目34回~

※狙い目G数時の鬼賽の数不問
※ART間天井
※ART当選後ヤメ
※設定1&等価交換

設定変更後
盗目 期待値
0回~ -381円
10回~ +786円
20回~ +1274円
30回~ +2502円
40回~ +4110円
50回~ +6215円
60回~ +8970円

※狙い目G数時の鬼賽の数不問
※設定変更後天井
※ART当選後ヤメ
※設定1&等価交換
※引用:2-9伝説

天井期待値を確認すると設定変更後の盗目が短縮されるにもかかわらず打ち出しはほとんど変わらないんです。

鬼賽解析

鬼賽の獲得契機は色々とありますが、一番貯まるのは1000G以降です。

1000Gを超えると100Gごとに必ず獲得できますのでリセット恩恵で盗目短縮がありますが期待値がそこまで伸びなかったのは当選ゲーム数が通常時よりも少ないためなんですね。

規定G数消化時
 ゲーム数 1個 3個 5個
1000G 75.0% 12.5% 12.5%
1100G 75.0% 12.5% 12.5%
1200G 50.0% 25.0% 25.0%
1300G 49.2% 25.0% 25.0%
1400G 48.4% 25.0% 25.0%
1500G以降 17.2% 25.0% 50.0%
 ゲーム数 10個 20個
1300G 0.4% 0.4%
1400G 0.8% 0.8%
1500G以降 3.9% 3.9%

鬼賽の個数別平均上乗せ

鬼賽 平均上乗せ
4~5個 +68.2G
6~10個 +81.6G
11~15個 +111.3G
16~20個 +144.0G
21~25個 +181.6G
26~30個 +217.9G
31~35個 +261.5G
36~40個 +308.4G
41~45個 +345.1G
46~50個 +375.1G
51個~ +467.6G

※引用:2-9伝説

平均上乗せは鬼賽の保有数に比例しますので、剛衛門の期待値を決定するのは鬼賽と言っても過言ではないと思います。

上記のような構造になっている剛衛門なので単純に盗目回数だけではなくゲーム数と鬼賽の個数をミックスした狙い方がライバルに差をつけれるポイントだと思います。

剛右衛門でコインを入れて鬼賽個数を確認してるライバルをいまだにホールで確認したことないので間違いないですね。

押忍!剛衛門 750G 盗目40回 鬼賽8個

先日ホールで発見した剛衛門なんですが、当日当たり無しでリセットの可能性もある台を拾えました。

ゲーム数も1000Gまで近いですし盗目も40回なので期待値も時給2000円を超えてます。

ただ、鬼賽が8個なのでかなりおいしい台とは言えないですね。

剛衛門はハマればハマるほど期待値が上がっていく仕組みになってるのは自分みたいに引きが弱い人間にはもってこいの機種ですぅ…

そして回すこと1180Gに赤まで発展して盗目63回でART突入となりました!

この時点で鬼賽は16個で平均上乗せゲーム数は150G以下ですが、踏ん張ってなんとか250Gの上乗せに成功!!

そして、ARTレベルも「桜」が出てレベル2以上確定となりました。

ARTレベル示唆
ハンコ 示唆
基本パターン
超絶景後ならレベル4確定
基本パターン
レベル2以上期待度約40%
レベル2以上確定
超絶景後ならレベル3以上確定
寿 レベル3以上確定

初期ゲーム数もそこそこ持ちながらARTレベルも高いのでART中の上乗せを150G80Gさせて通算500Gほど継続してくれました~

投資分とんとん位の獲得枚数でしたが少しプラスになってくれましたね。

剛衛門 終了画面

総括

剛衛門の狙い目をおさらい含めて振り返りましたが、実戦で思わぬ高期待値の台を獲得できるかもしれませんので、皆さんも鬼賽の個数を確認してみてくださいね~

まだ、ホールで活躍してる機種ではあるので設置されてる間に期待値を取って、ライバルに差をつけていきましょうね!

最近は拾える台が少なくなって収支が不振の自分ですが、少しでも稼げるようにホールで試行錯誤して稼働効率を上げる知識をまた記事で書いていこうと思いますので、応援お願いします!

では、次回更新お楽しみに~

にほんブログ村 スロットブログへ
----------sponsored link----------